想いの流れ着くその先に
日々のつぶやき。不定期更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深く、高い場所へ
動きだした気持ち。

止まらない。
止められない。

どうしてこうなっちゃったんだろう?
考えても分からない。
その瞬間を思い出せない。

だけどもう、気がつく前には戻れない。
無かったことになんかできない。


つまりは、これが
「落ちた」ってことなんだろう。



深く、高い場所へ。





スポンサーサイト
どっち?
開かない?

それとも

開けない?


どっちかな。



両方だね。
数年ぶりの大雪。
今も音もなく、静かに降り続いている。

雪が積もってるのを見ると、大人になった今も
ほんの少しワクワクする。

普段は生活感にあふれた見慣れた景色も、
白く塗り替えられた今は、なんだかおとぎ話の世界に迷い込んだよう。

だから、とけてグシャグシャになった灰色の雪は嫌い。
嫌い、と言うよりも、見てるとなんだかつらくなる。

あんなに綺麗だったのに。
真っ白だったのに。

もう元には戻らない。


でも、それでいいんだ。

子どものように、ワクワクする気持ちも、
戻らない寂しさを知ってる大人な気持ちも、
どっちも大切な気持ちだから。

両方を知ってることが、大事なんだ。




やっと
自分の時間が、動き出した。
行こう。行くんだ。
一枚だけ残っていた、「あの時」の海の写真。



あの海



白い砂浜と、青い波。
本当はもうちょっと淡い透明感のある青だけど、
やっぱりキレイだなぁ。


あの海をもう一度見たいと思っていたけれど、
ずっともっと身近な場所に、
とても綺麗な海がある事を知った。
遠浅の、どこまでも澄んだ水。
青と、緑と、水色と、それらを全部足したような色と。


行きたいな。
この海を見に行きたいな。
行くんだ。
来年の夏は、絶対にこの海を見に行こう。


他にもいっぱい海を見にいくんだ。
そしていつでも思い出せるように、
心と瞳にいっぱい焼き付けておくんだ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。