想いの流れ着くその先に
日々のつぶやき。不定期更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑感
もう、涙も出なくなっちゃったみたい。

消えたのは、貴方への想い?
それとも執着心?

このまま別れてしまっても、案外平気かもしれない。
だって、もうずっと前から、それを覚悟してたんだから。

貴方が好きだった。
大好きだった。
あなたの一番の仲良しでいたかった。
私の一番の味方でいて欲しかった。

でも、あなたにとって私は、そういう存在じゃなかったんだね。

私との未来は、二人で幸せを作るためじゃなかったってこと。
寂しさを分かってほしいという気持ちも「押し付け」でしかなかったこと。

あなたの口からそれらを告げられたとき、
私のあなたへの想いは少しずつ欠けていったんだと思う。
そして、その寂しさを忘れるために、私はあのひとに惹かれていった。
好きになってもどうしようもない人なのに。

ね、私はこんな人間なんだ。
こんな私と無理して一緒になる必要なんかない。
私だって、こんな気持ちであなたと一緒にいられないし。


以前だったら、泣きながら書いていたこの日記も、
今はとても冷静に書いている。

それはきっと喜ぶべきことなんだろう。
でも全然、嬉しくない。
何の感情も湧いてこない。


今の私の願いは、あの悪夢を見ることだけ。
決して叶うことのない、あの夢を見ることだけ・・・





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yurayurayureru.blog16.fc2.com/tb.php/115-ad78bddd
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。