FC2ブログ
想いの流れ着くその先に
日々のつぶやき。不定期更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
捨ててしまいたい
彼と完全に決別する勇気もなければ、
あのひとのことも諦めきれずにいる。

あのひとに振り向いてもらえるはずないって、
毎日そう自分に言い聞かせているのに、諦めきれない。
なら接点を減らせばいいのに、それもできない。
あのひとの姿を見たくて、声が聴きたくて、傍にいたくて・・・
手を伸ばしたくなる衝動を、何度も抑え込んで。
どうしてこんなにあのひとに惹かれるんだろう。
私があのひとを見つめる視線に、どんな想いを込めているか知ったら、
あのひとはどうするだろう。


どうもしないか。
ただ、困るだけなんだろうな。


いい加減、目を覚ましなよ。

どんなに願っても、どんなに望んでも、それは手に入らない。


今度こそ幸せな恋がしたいのに、なぜまた自分で自分を苦しめるの。

彼とのことで分かったはずだよ。
好きになればなるほど、幸せな気持ちと共に、
深い悲しみを味わうことを。
好きになった分だけ、傷もまた深くなることを。

好きになりたい。
また誰かを、心の底から好きになりたい。
なのに、彼とのことを思い出すと、好きになるのが怖くなる。


誰かを好きになっても、またあんな風に傷つくかもしれないと思うと
怖くてたまらない。
それなのに、あのひとに惹かれてしまう。
このままでいたら、私はまた自分をコントロールできなくなるかもしれない。
ううん、もうコントロールできなくなりつつある。
好きになれば、また傷つく。
それでも惹かれずにいられない。

だからはっきりさせよう。

あのひとに、ちゃんと振られよう。
自分で想いを断ち切れないのなら、あの人の言葉で断ち切ってもらおう。
意気地なしの私には、そうすることしかできないんだ。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yurayurayureru.blog16.fc2.com/tb.php/175-32eeb540
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。