想いの流れ着くその先に
日々のつぶやき。不定期更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少しずつ
あのひとから、私から離れようと思った。
もともと、近い存在の人ではなかったけれど、
それでも最近は少し、距離が縮まってるような気がしていて、
私はそれが嬉しくもあり、そして悲しくもあった。
どんなに近くに感じていても、それは私の一人よがりな思い込みでしかなく、
あのひとにとって私はいつまでたっても、「仕事先のひと」でしかない。

だから、私から離れるしかないんだ。
そう思って今日も仕事場に向かった。


でも、そういうときに限って、あのひとは私に話しかけてくる。
屈託のない笑顔で、私を見る。
・・・そんな笑顔、見せないでよ。
だから私も釣られちゃうんだよ。
さっきまで、とてもじゃないけど笑える気分じゃなかったはずなのに
声をあげて笑ってる。
あなたと話してると、悲しいこと、辛いこと、忘れてしまう。


けれど、その短い時間が過ぎれば、また現実に引き戻される。

私と、あのひとの世界は違うんだって、思い知らされる。

あのひとにはあのひとの世界があって、そこにはもう大事なひとがいるから。


バカだね、私。
そんな事実を知ってもなお、あのひとに惹かれるなんて、大バカだよ。


現実を見ろ。
私情をはさまず、憶測も含めず、希望も夢も介入させず、
ただそこにある事実だけを見るんだ。


そしたら分かるはずだよ。
抱えてるその想いが、どんなに愚かで無意味なことか。


だから少しずつ、離れていこうよ。
あのひとから気持ちを少しずつ離していこうよ。

そしてもっと自分を大切にしよう。
ダメな私でも、私は私を好きでいたい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yurayurayureru.blog16.fc2.com/tb.php/177-e7a5deeb
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。