FC2ブログ
想いの流れ着くその先に
日々のつぶやき。不定期更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとり旅 その2
電車に2時間近く揺られて目的地の駅に着くと、
旅館の人が車で迎えにきてくれていた。
車の中で私が、島に渡るつもりでいることを告げると、
「こんな天気だから海は綺麗に見えないよ」といわれ、
結局島に行くのは諦めて、2日目に予定していた、
海産物屋さんめぐりをすることにした。


1軒目のお店は、何年か前に来たことのあるお店で、
その時は1匹まるまるの鰹を買って帰った。
あとで、下ろすのに一苦労したけれど美味しかったなぁ、あの時の鰹。
今回も、生きのいい秋刀魚やイカや帆立に心が惹かれたけれど、
今回の買い物のメインは海藻類。
そこでは結局何も買わずに、もう1軒のお店へいくことにした。


もう一軒のお店は、さっき行ったとこよりも売り場もかなり広くて、
お店の数もいっぱいあった。
私は海産物関係のお店に行くと、こどもがおもちゃ屋さんに来たように
大興奮してしまうので、なかば浮き足立ちながら、まずはぐるっと一周してみた。
その後で一軒一軒をじっくり見て回る。
その熱心さは、こういうお店が好きな両親でさえ呆れるほど。
こういうとこに行くと、つくづく一人で良かったと思う。
誰にも気兼ねせずに、好きなだけ好きな海産物を見てられるって素敵だなぁ。
ま、海産物に限らず、農産物も同じくらい大興奮してしまう私ではありますが(^_^;)
途中、二階のまぐろ料理のお店でまぐろ丼を食べ、また1階の売り場に戻って
結局そこには3時間近くいてしまいました。
戦利品は大量の焼き海苔、母が欲しいと言ってた干しワカメ(これは、今では
作ってる人があんまりいないんだそう。天日で干す作業が大変らしい)
それと、大好きなメカブの干したのと、味見させてもらったら美味しかったふのり。
あとは鮭とばよりも柔らかく、市販のスモークサーモンよりはしっかりとした歯ごたえの
スモークサーモンを半身と、地酒を一本。
最後に、職場の人へのお土産のお菓子を買って、今夜泊まる旅館へ向かった。


その旅館はこじんまりとしていて、豪華とはいえないけれど、
なんだかほっとする雰囲気。
案内された部屋も、立派ではないけれどこざっぱりとした内装で、
思ってたよりずっと良かった。
何より畳部屋というのが嬉しい。
何時間も立ちっぱなしでいたから、とりあえず荷物はその辺に放り出して、
靴下を脱いで畳の上に横になって、大の字になってみた。
「あー、気持ちいい~」
手足を思いっきり伸ばすとなんでこんなに気持ちがいいんだろう。
畳に寝そべったままテレビをつけると、お笑い番組をやってたのでそれを見ながら
夕食の時間を待った。
夕食は、部屋出しでお願いしてたら、
今日寝る部屋とは別の部屋を用意してあるらしい。


(それにしても、ユルーイ旅になっちゃったなぁ)
畳に寝転んだまま、私はぼんやりした気持ちで考えていた。
旅のメインでもあった島めぐりは、どうやら2日目もできそうになく、
だとしたら、私はただ海苔とワカメを買いに泊りがけで来たってことになるんだろうか。
ふと、そんな考えもよぎったけど、考えるだけ無駄な気がして、
今夜の夕食のメニューに思いを馳せた。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。