想いの流れ着くその先に
日々のつぶやき。不定期更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとり旅 その3
部屋でしばらくボンヤリしてたら、夕食の準備ができたというので
指定された部屋へ。


そこは空いていた部屋だったみたいで、
私が泊まる部屋と似たようなつくりになっていた。
テーブルの上には、既に一人分のお膳が用意されていて、
お刺身の盛り合わせ、鰹のたたき、ホヤの酢の物、
小さないわしを塩と酢(かな?)で〆めたのの卯の花和え、
鮪の卵の煮物、それと見たことのない赤いお刺身?と
白身のお刺身が並べられていた。
これは後で旅館の女将さんが、赤いのはサメの心臓で、
白いのはマンボウのお刺身だということを教えてくれた。
そのほかに、フカヒレ餡のかかった茶碗蒸しと、
でっかいホタテの焼き物とフカヒレの姿煮、
そして一番楽しみにしていたウニ。
見事なまでに海のもの尽くしの無いように、いやがおうにも
テンションが上がりまくる私(^_^;)
女将さんが出て行って、一人きりになると
「いただきまーす!」と早速一人宴会開始。
追加で頼んだ日本酒と共に、思うぞんぶん海の幸を楽しみました。


中でも初めて食べたサメの心臓にびっくり。
血の塊みたいな真っ赤な色をしているけれど、嫌な匂いは一切無くて、
歯ごたえもサクサクしていて面白い。
酢味噌につけて食べたけど、試しに何もつけないで食べたら、
すごく淡白な味でした。マンボウも然り。
あんまり味がないから、酢味噌で食べるのかな?と思いました。
鮪の卵は、生姜と醤油で煮含めてあるみたいで、これはお酒にもいいけど
ご飯のおかずにも良さそう。
ホタテもとても身が厚くて大きくて、普段食べてるのとは全然違う美味しさでした。
そしてウニ!
殻ごと真っ二つに割られてるのに、まだトゲトゲが動いてて、
そのままスプーンですくって食べたら、とろけるような甘さにうっとりv
食事のしめに、少し残しておいたウニをご飯の上にのせて山葵醤油をかけて
大満足の一人宴会は終了。
もう一歩も動けませーんってくらい食べて、部屋に戻ると敷いてある布団に
倒れこむように横になり、いい感じで酔っ払ったせいもあったのか、
そのままウトウト居眠りしてしまいました。
深夜に目が覚めて、お風呂に入ってその夜はそのまま就寝。


翌朝、目が覚めて窓の外を見たら、昨日よりは小雨になってるものの
やっぱり傘なしではキツイお天気。
また雨が強くなって、電車が運休になってしまうと大変なので、
だいぶ早いけど、朝ご飯を食べたら帰ることにしました。
朝ご飯は部屋だしではなく、1階の食事をする部屋でとりました。

夕べあんなに食べて飲んだのに、真っ白な炊きたてのご飯と
お味噌汁の香りに食欲復活。
朝食のおかずは、生卵、焼き海苔、めかぶ、冷奴、塩辛、秋刀魚の味噌煮(?)と
多分、にしんの焼いたの。それから何かのお魚の南蛮漬けとお漬物。
夕食と同じく、どれもみんな美味しくて綺麗に全部食べました。


8時少し前にチェックアウトし、電車がくるまで少し時間があったので、
魚市場まで行ってみた。
水揚げされた魚が、市場の中にどんどん運びこまれてきて、
大勢の人たちが魚を選別しているようだった。
もうちょっとゆっくりできたら、2階の見学できるところから
魚を真上から見ることができたのになぁ・・・残念(>_<)
そうこうしてるうちに、帰りの電車が来る時間が近づいてきたので急いで駅へ。
帰り道も来た時と同じように、灰色の空と灰色の海を見ながら帰ってきました。


こうして私の小さな一人旅は終わりました。
旅の1番の目的であった島には渡れず、綺麗な海を見ることも叶わず、
結局片道2時間かけて海苔とワカメを買い、
夕食と朝食を食べに来ただけのようなものだったけれど、
それでもやっぱり来て良かったと思いました。
たまにはこんな風に、一人でノンビリ、ユルユルな時間を過ごすのも
悪くないかも(^^)
というか、そういう時間が、私には必要なのかもしれない。
また時間を見つけて出かけよう。
色んな土地、海にも山にも行ってみよう。
見たことの無い景色や
美しい風景をいっぱい見てみたい。
そんな思い出をいっぱい作りたいな。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。